初級編

はじめて、相続対策ということに興味をもたれた方に、まずは相続について基本的なことを説明します。

相続について

まずは法律上の相続について紹介いたします。
亡くなられた方のことを法律上、被相続人といいます。
財産を承継する方のことを相続人といいます。

法定相続人について

配偶者(夫または妻)は常に相続人となります

初級編相関図01
初級編相関図02

被相続人が結婚はしていたが第一順位の子供がいない場合、被相続人のお父様とお母様と配偶者が相続人となります。
お父様お母様が先に亡くなられていて祖父母がご健在の場合には祖父母と配偶者が相続人となります。

初級編相関図03

第一順位と第二順位の相続人がいない場合、被相続人の兄弟姉妹と配偶者が相続人となります。


まずは、誰が相続人であるのかが、理解できたと思います。
次に法律で定められている法定相続分というものを見ていきます。

法定相続分について
【第1順位の相続人と配偶者】
被相続人の子供と被相続人の配偶者 各2分の1
子供が複数いる場合には子供全員あわせて2分の1になります
配偶者がいない場合は子供がすべて相続します
【第2順位の相続人と配偶者】
直系尊属(父母や祖父母等)と配偶者
両親が共に健在の場合には両親二人で3分の1、配偶者は3分の2配偶者がいない場合は直系尊属が相続人になります
 
【第3順位の相続人と配偶者】
被相続人に子供も直系尊属もいない場合、兄弟姉妹の相続分は4分の1、配偶者は4分の3となります。
配偶者がいない場合は兄弟姉妹が相続人になります

相手であるパートナー(配偶者)は常に相続人となって、子供と一緒に相続人となる場合、パートナーの親と一緒に相続人になる場合、また、パートナーの兄弟姉妹と一緒に相続人になる場合で相続分が違うことが、理解できたと思います。

【初級編】 まとめ

「よくある質問」に書かれているような、よくある家族構成の場合にも、相続が発生すると、争いが生じたり、スムーズに財産の承継ができなかったりすることが現実によくあります。また、財産を承継する際に税金(相続税)が払えない、ということにならないように今のうちから対策を私共と一緒に考えましょう。

■詳しく説明を聞きたい方はこちらまでお問い合わせください。