ヘッダー

納税準備対策

とは文字通り税金を納める準備をしておくというものです。

相続財産は現金より不動産の方が割合が大きい、という方が多いと思います。
相続税が発生して一括して相続税を払いたいけれども資金がない。
そういった場合に延納、延納しても支払いきれない場合に、物納という制度が使えます。


■延納の場合、高収益物件の確保をしておかないと、途中で支払いができなくなってしまいます。
 そのような事にならないようにしておきましょう。
また、利子税が発生しますので、もし、銀行からもっと安い金利でお金を借りることが出来るのであれば、銀行からお金を借りて一括して相続税を支払った方がよいでしょう。
■物納出来る条件を整えておきましょう。
物納の具体的な手続は、通常は地積更正登記と呼ばれる作業が必要になります。
土地の登記面積を実測面積に合わせる作業ですが隣接するお隣近所の方の実印の押印が必要であったり、立会が必要であったり、費用と時間がかなりかかる作業です。
相続税の申告は税理士の仕事になりますが、土地の地積更正登記の業務は土地家屋調査士が行います。
地積更正登記後に面積の増減があると、相続税額も変わります。面積が増えれば「相続税」が増加して、加算税も発生します。ただし、面積が増えると納税できる額も増えます。実測面積と登記簿面積が一致しない場合には、地積更正登記が完了しないと基本的には物納ができません。相続税が発生する場合には相続発生後10ヶ月以内に相続税の申告、納付をしないといけませんので、要注意です。
■生命保険の活用で納税資金の準備をしておく(生命保険金非課税規定を有効に活用する)
生命保険に入れる健康状態のときに加入しておかなければなりません。
これによって、相続財産を無傷のまま、相続人に承継することができるかもしれません。
現金を残すより生命保険にシフトしていくのも一つの方法といえます。
■小規模企業共済の活用で納税資金の準備をしておく(退職金非課税規定を有効に活用しましょう)
会社の経営者の方の納税準備対策として、退職金を積み立てておく方法です。 支払った掛金は個人の所得計算上全額が所得控除出来て所得税及び住民税の節税が出来、また、相続の際には退職金の非課税規定が相続人にはありますので会社の経営者又は個人事業主の方は、専門家と相談して頂いて検討してください。 生命保険に加入できない場合や生命保険金だけでは税金が支払えないような場合に、活用するといいでしょう。