ヘッダー

遺言書の作成

骨肉の争いとも言える遺産分割の話し合いになるのを予防するにあたり効果的な方法は、遺言書の作成です。遺言書を作成するにはいくつか方法がありますが代表的なものとしては下記の二つの方法「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」があげられます。
自筆証書遺言とは遺言者自身が遺言の全文を自分で書く方式の遺言です。 いずれの方式の遺言書についても遺留分を意識しながら作成する必要があります。

■自筆証書遺言のメリット
・遺言書を作成する費用が安い(書き直す場合も同様です)
・いつでも作成できる
■自筆証書遺言のデメリット
・法律の要件を満たしていない遺言書を作成してしまうと作成した遺言書が無効となる
・誰にも知られずに自分で作成できるので自分が死亡した後、遺言書が発見されない場合がある
・第三者に遺言の内容を改ざん・破棄されてしまう恐れがある
・自筆証書遺言は、遺言者の死後、家庭裁判所の検認手続きが必要
▶この検認手続きは、遺言書に記載されていない相続人全員も裁判所に呼び出しを受けます
■公正証書遺言作成のメリット
・当事務所と公証人が専門家としてアドバイスするので、法律上間違いのない遺言書が作成できます
・遺言は公証人役場にも保管されるので、遺言の存在・状態も明確で、紛失、変造、偽造の恐れがありません
・死後、家庭裁判所の検認手続きが不要です
■公正証書遺言のデメリット
・自筆証書遺言作成に比べると費用と時間がかかります
・証人が2人必要です
・公正証書遺言を作成する際に証人と公証人との間で日時の調整が必要です
自筆証書遺言と校正証書遺言作成時のポイント